Confluenceをインストールして使えるようにしましたが、操作のたびに「データを受信していません」と表示が出てしまっていました。

でるたびに、Confluenceのプロセスを再起動をして対処してたのですが、あまりに頻繁だったので他の対応をすることにしました。

調べてみると、どうやらメモリが原因で落ちているようで、メモリを追加して対処する方法を紹介します。

スポンサーリンク

環境は、Mac YosemiteのChromeです。

前回まで - インストールした方法はこちらから

対応した方法

1. vagrantfileを書き換えます。

vagrantfileを下記部分を書き換えます。

vagrantfile

vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "2048"]

「"--memory", "2048"」の部分の数字を変更します。
2Gになっているので、4G 「"4096"」に変更します。

※ 任意のメモリの大きさに変更してください。

参考

# Vgrantfileの下記memory部分を「4096」4Gに変更

vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "2048"]

vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "4096"]

2. Vagrantを起動します。

vagrantfileを書き換えたら、【vagrant up】でVagrantを立ち上げます。

3. Vagrant SSHで入ります。

Vagrant が立ち上がったら、下記を実行します。

$ vagrant ssh

3-1. Confluenceのプロセスが起動していたら、一旦停止します。

VagrantでSSHログインしている状態で、下記を実行して、プロセスを一旦停止します。

プロセスの停止

$ sudo su -
$ cd /usr/local/Confluence/bin/
$ ./stop-confluence.sh

4. 「/usr/local/Confluence/bin/setenv.sh」に記述を追加します。

「/usr/local/Confluence/bin/setenv.sh」をvimなどで編集します。

/usr/local/Confluence/bin/setenv.sh

$ vim /usr/local/Confluence/bin/setenv.sh

編集できる状態になったら、下記の記述を追加します。

setenv.shに追加します。

CATALINA_OPTS="$CATALINA_OPTS -Xms1024m -Xmx1024m -XX:MaxPermSize=384m -XX:+UseG1GC"

5. Confluenceのプロセスを起動します。

「/usr/local/Confluence/bin/setenv.sh」に記述を追加したら、Confluenceのプロセスを起動します。

# /usr/local/Confluence/bin/ に移動します
$ cd /usr/local/Confluence/bin/

# /usr/local/Confluence/bin/ にいる状態で下記を実行します
$ ./start-confluence.sh

まとめ

これでConfluenceが表示されるようになりました!

本当は、1-1の「vagrantfileを書き換える方法」と1-4の「setenv.shに記述を追加する方法」のどちらかでいいかも?なのですが、私の場合は2つの方法で安定したので、そのままになっています。


スポンサーリンク